隅田川花火大会の最寄り駅はどこ?電車で行く時の注意点は?
東京を代表する花火大会のひとつ、隅田川花火大会

その歴史は古く、なんと江戸中期の享保18年(1733年)から続く両国川開き花火大会を継承した伝統ある花火大会なんですよ!

花火当日の人手はなんと95万人!地方都市の人口以上の人々が隅田川花火大会に押し寄せます。

周辺に公設の駐車場が無いことから、遠方の人が利用する一般的なアクセス方法として鉄道利用が挙げられますが、最寄り駅アクセスしやすい駅はどこなんでしょうか?

Sponsored Link


まず、隅田川花火大会の会場は2つあります

最寄り駅を知る前に、隅田川花火大会は

 
  • 第1会場
  • 第2会場
 

と2箇所から花火が打ち上げられます。

どちらの会場からも10,000発以上打ち上げるので、それはそれは壮大な光景になりますが、どちらかというと第一会場側が人気です。(とは言っても第二会場も凄まじい人だかり)

 

確かに最寄り駅はココだけど・・・?

隅田川花火大会のオフィシャルサイトでは、

東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄 浅草駅
(第一会場へ徒歩15分)

都営地下鉄 蔵前駅
(第二会場へ徒歩5分)

となっていますが、正直なところ超激混みでウンザリするほどの人ごみで、確かに最寄り駅ではあるものの現状は利用を避けたほうが良いのが現状です。

駅そのものに入場規制が敷かれる場合もあり、身動きが取れなくなることもあります。

また、打ち上げ会場間近の場所取りをしようとすると前日から場所を取る必要があるほどの人気で、とても落ち着いて見ていられるような状況ではありません。

さらに、隅田川に掛かる複数の橋の上は警察の交通整理が厳しく立ち止まることも許されません。かなり気合を入れて前日から場所を取れる人以外は、歩きながら見る花火大会と理解して足を運んだほうが良さそうです。

Sponsored Link

それでも間近で見たい!!と言う方は?

『絶対に間近で見たい!けど人混みは少しでも避けたい!!』

と言う方、本当の意味で使える最寄り駅を紹介します。(ただ、僅かな面積に約100万人が押し寄せる花火大会ですから、多少空いている程度と捕らえてくださいm(_ _)m)

上野駅(第2会場まで2.4km、徒歩30分)

南千住駅(第1会場まで2.0km、徒歩24分)

錦糸町駅(第2会場まで2.5km、徒歩30分)

『なんだ何処も大きい駅だし、結構遠いじゃん!』

と思われるかもしれませんが、2km以内の小さな駅は全て激混みします。逆に大きな駅の方が駅その物のキャパシティが大きいので駅に入れないということになりにくいです。

また、帰りの切符を予め買っておくと良いでしょう。ただし、違った駅からは乗れないので注意。PASMOやSuicaを持っているならチャージしてそちらを使ったほうが便利です。

 

最寄り駅まとめ

  • 浅草駅蔵前駅は混雑しすぎて実用的ではない!
  • 周辺(2km以内)の小さい駅も激混み!
  • 上野駅南千住駅錦糸町駅は規模も大きくパンクしない!
  • 帰りの切符は予め買っておこう!
  • 切符の場合、違う駅からは帰れないので注意!
  • PASMO、Suicaなら使用駅に縛られない!
 

以上です!快適に東京を代表する隅田川花火大会を楽しみたいですね!