京都駅から醍醐寺へのアクセス!紅葉の見ごろ・最寄り駅は?
醍醐寺は、ユネスコの世界文化遺産(古都京都)にも登録されている真言宗醍醐派総本山の寺院です。

現在のような『お花見』の起源となったとも言われている豊臣秀吉が近親者をはじめ1300人もの諸大名・配下を従えて行った豊臣政権最後の大イベント『醍醐の花見』ゆかりの場所です。(花見の半年後に秀吉は没します)

花見奉行には前田玄以を命じ、醍醐山全体におおよそ700本の桜を植樹させたと言われています。

現在でも京都を代表する花見の名所また紅葉の名所としてシーズンには多くの観光客が訪れます。

醍醐寺の花見の見ごろは?

醍醐寺_16
醍醐寺_16 / Span X

秀吉が愛した醍醐寺の桜3月下旬 ~ 4月上旬に見ごろを迎えます。

満開時期がそれぞれ違うカワヅザクラシダレザクラソメイヨシノヤマザクラヤエザクラオオベニシダレオオヤマザクラの順に見ごろを迎え、約3週間に渡って楽しめます。

ライトアップはありません。

 
 

醍醐寺の紅葉の見ごろは?

弁天堂弁天堂 / minoir

11月上旬から色付きはじめ、11月中旬~11月下旬に見ごろを迎えます。

毎年、11月15日前後~30日まで夜間の特別拝観が行われ、ライトアップされます

醍醐寺の紅葉は、楽しみにしていた秀吉が見れなかった紅葉としても有名です。(花見の半年後に没したため)

 
Sponsored Link

醍醐寺の最寄り駅は?

醍醐寺最寄り駅

 
  • 醍醐駅京都市営地下鉄・東西線
 

醍醐駅から醍醐寺までは徒歩約13分

花見・紅葉の時期は鉄道・バスの公共交通機関は全て大変な混雑となりますが、バスに比べれば鉄道の方が渋滞緩和されている状況です。

地下鉄でのアクセスをおすすめします。

 

主要駅からのアクセス

  • 京都~(JR奈良線)~六地蔵~(市営地下鉄・東西線)~醍醐(22分)
  • 京都~(JR山陽本線)~山科~(市営地下鉄・東西線)~醍醐(23分)
  • 京橋~(京阪本線)~三条三条京阪~(市営地下鉄・東西線)~醍醐(69分)
Sponsored Link

バス利用でのアクセス

醍醐寺の最寄りのバス停

 
  • 醍醐寺
  • 醍醐寺前
 

です。

京都駅六地蔵駅JR山科駅からの京阪バスでアクセスすることができます。

 
京都駅八条口(ホテル京阪東側 8番のりば)から
  1. 京都駅八条口~(京阪バス【山急醍醐寺ゆき】)~醍醐寺・下車(約30分)
*バス停【醍醐寺】は醍醐寺境内にあります。

 
六地蔵駅(2番乗り場)、JR山科駅(1番乗り場)から
  1. 六地蔵駅~(京阪バス【22、22A系統】)~醍醐寺前・下車(約15分)
  2. JR山科駅~(京阪バス【22、22A系統】)~醍醐寺前・下車(約20分)
*バス停【醍醐寺前】からは徒歩2分。すぐそこです。

 

花見・紅葉シーズンは大変混雑しますので、地下鉄の利用をお勧めします!