北野天満宮-Kitano Tenman-gū
北野天満宮は、京都市上京区にある神社です。

通称『天神さん』・『北野さん』とも呼ばれて親しまれているとおり、主祭神は学問の神様として知られる菅原道真です。初詣や受験の近づく時期には合格祈願や学業成就のご利益にあやかろうと多くの受験生が参拝します。

また、天下人・豊臣秀吉が九州平定を祝して催した史上最大の茶会、北野大茶会を開いた場所でもあります。

写真提供:北野天満宮-Kitano Tenman-gū / INABA Tomoaki

Sponsored Link

梅の見ごろは?

梅のスポットとしても有名で、境内には1,500本の梅が植えられており、毎年2月には梅花祭が開催されます。

この梅は、菅原道真が大宰府に左遷された際、梅が太宰府まで飛来したという伝説にちなんで植えられたもの。実は北野天満宮の神紋も梅であり、境内の瓦や提灯などいたるところで梅の紋を見ることができます。

2月上旬~3月下旬見ごろを迎えます。

 

北野天満宮 北野天滿宮
北野天満宮 北野天滿宮 / cyesuta

 

紅葉の名所としても有名です!

北野天満宮紅葉の名所としても有名です。

11月上旬から色付きはじめ、11月中旬~12月上旬見ごろを迎えます。

 

Autumn KITANO-TENMANGU 北野天満宮
Autumn KITANO-TENMANGU 北野天満宮 / Norio.NAKAYAMA

北野天満宮の『もみじ苑』

北野天満宮は梅の他にも紅葉の美しいもみじ苑を有しています。もみじ苑は入館料(大人600円、小人300円)が必要ですが、京都の中でも遅い時期に楽しめる紅葉を是非お見逃しなく。

もみじ苑の公開期間は11月1日~12月7日(10:00~16:00)の約1カ月間。

 

北野天満宮のライトアップ

紅葉の時期には北野天満宮の紅葉ライトアップが催されます。

ライトアップ期間は11月15日~12月7日(日没~20:00)の約3週間。

もみじ苑の公開時期より若干遅いので注意が必要です。
 

北野天満宮の最寄り駅は?

北野天満宮最寄り駅

 
  • 北野白梅町駅京福電鉄北野線
 

北野白梅町駅からは、徒歩約5分です。

ただし、京福電鉄北野線は北野白梅駅から帷子ノ辻駅を結ぶ路線で、京都・大阪方面からの接続が良くありません

ですので、以下に紹介する駅から京都市営バスでアクセスすることをお勧めします。

Sponsored Link

京都市営バス利用が便利です

北野天満宮へは京都駅、二条駅、今出川駅などから京都市営バスを利用するのが便利です。

北野天満宮の最寄りのバス停は

 
  • 北野天満宮前
 

です。

以下の駅・系統からアクセスが可能です。

 

バス停『北野天満宮前』にアクセスできる駅と市バス系統

  • JR京都駅より50・101系統
  • JR・地下鉄二条駅より55系統
  • JR円町駅より203系統
  • 地下鉄今出川駅より51・102・203系統
  • 京阪出町柳駅より102・203系統
  • 京阪三条駅より10系統
  • 阪急大宮駅より55系統
  • 阪急西院駅より203系統
 
北野天満宮はバス停『北野天満宮前』から徒歩3分

 

京都駅からは?

京都駅バスターミナルB2のりばから北野天満宮・立命館大学前行のバスに乗りましょう。
  • 京都駅~(市バス50系統 北野天満宮・立命館大学前行き)~「北野天満宮前」下車。(約40分)
  • 京都駅~(市バス101系統 北大路バスターミナル行き)~「北野天満宮前」下車。(約25分)