浅草寺の最寄り駅、東京駅からの行き方、雷門に近い改札口は
浅草と言えば浅草寺ですが、せっかくここまで来たのなら周辺の観光スポットを思いっきり楽しみたいですよね!

この記事では、浅草寺周辺でおススメの観光スポットを紹介します。

Sponsored Link

とにかく仲見世は外せない

浅草観光は仲見世から
雷門から浅草寺に仲見世という通りがあります。

お土産物屋さんがたくさん並んでいます。

有名なのは雷おこし、人形焼、もなか、あげまんじゅうなどでし、食べ歩けるものがたくさんあります。

また、和風の小物のお店もあります。

途中で、新仲見世という通りとも交差します。こちらもたくさんお店がありますよ(お土産のお店もありますが、飲食店も多いです。)

またブロマイドで有名なマルベル堂もありますよ。

ぶらぶらと見て歩くにはもってこいです。新仲見世はもともとアーケードがありますし、仲見世も雨天にはかけるので、濡れずに楽しめます。

 

特に美味しいものは何?

浅草寺はとても有名な観光スポットですが、観光だけではありません。

周辺には、たくさんの美味しい食べ物がたくさんあります!

食べ歩きできるものを紹介します。

 
から揚げ
から揚げ専門店「縁」のから揚げはたくさん種類があります。

しかも、とても美味しいです!

ジューシーなものからニンニクのよくきいたものまでで、迷ってしまします。

注文してから、揚げてもらえるため、いつでも揚げたてのから揚げを提供してくれます。

 
揚げ饅頭
仲見世通りにたくさんの揚げ饅頭屋さんがあります。

揚げたてのお饅頭は食べる価値ありです。

また、1つから売っているのでちょっと食べられるのが嬉しい点です。

しかし、熱いのでやけどには十分注意してください笑

 
メロンパン
浅草寺を出て、すぐ近くに行列があったらおそらくこの行列でしょう。

花月堂のメロンパンは、外はサクッ、中はふわふわ。絶品です。

しかも、大人の顔位のサイズはあり、もっちりとしており、ボリューミーです。このメロンパン一つで満足できてしまいます。

 
どら焼き
亀十のどら焼きは有名です。とても人気などで行列に並ばないといけないかもしれませんが、並ぶ価値アリです。

ふんわりとした甘い生地にあんこの組み合わせは最高です。

焼きたての温かいものもおいしいですが、持って帰ってお土産にしてもいいですよ。

 
浅草メンチ
浅草メンチは、衣はサクサクで一口齧れば肉汁がジュワっと広がります。

からしをつけると、一味替わってそれもおいしいです。

他にも、まだまだたくさん食べ歩きにぴったりのグルメがあります。探してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

お寿司屋さんをハシゴ

浅草はお寿司!
浅草寺周辺にはお寿司屋さんが数多く立ち並んでいます。

 

食べ歩きはちょっとな…

 

という方は仲見世での雷おこしやおまんじゅうを食べるのをちょっと控えて、気に入ったお寿司屋さんを見つけてはしごするのが楽しみ方の一つです。

よく聞くチェーン店から一見敷居が高そうかなと思われるお店まで様々なタイプがお店があります。

これだけお寿司屋さんが集中しているエリアなので、どこのお店にも外看板でのメニューや呼び込みがあり、気軽に気になったお店に飛び込むことができるでしょう。

お腹の具合や予算に応じてカウンター席でネタや職人の手元をじっくり見ながらでも、またお座敷のあるお店では足を伸ばしてゆっくりしながらでも、心ゆくまでお寿司を堪能することができます。

 

『まるごとにっぽん』

浅草 まるごとにっぽん
『まるごとにっぽん』は、浅草にありながら全国47都道府県の特産品が集うテーマビルです。

このビルに行くだけで旅気分を楽しめます。

北は北海道から、南は九州。

50店舗が出店していて、なんとその中の8割が東京に初進出。

地元の農家や物作りの職人さんが直接店舗で販売に携わっています。

食材だけではなく、伝統ある工芸品、生活用品も。

たくさんの店が連なっている為ぶらっと散策するだけでも楽しめます。

旅に出なくても隠れた名産品を発見することができるかも!

なかなか出会うことの出来ない食材をまるごとにっぽんで探してみませんか?

 
 

浅草芸人の原点『くじら屋』

浅草は芸人の町。

ビートたけし(北野武)がお笑い芸人として青春を送ったのもこの町です。

彼の作詞の『浅草キッド』にはくじら屋という飲み屋が出てきます。

正式名称は捕鯨船ですが、くじら屋の名前で通じます。

かつては鯨は庶民の安い食材でした。

常連さんと観光客が半々くらいですが、若手芸人や芸人志望の若手なども入り交じる独特の雰囲気が漂っています。

ここで歌詞の通りに煮込みを頼み、チューハイを飲み、夢を語ってみても良いですし、熱く夢を語る若者を見るのも素敵です。

演(説)歌の元祖の添田唖蝉坊が活躍したのもこの町です。浅草寺の南東端の鐘楼の麓にある唖蝉坊の碑を見てから行きましょう。

唖蝉坊(アゼンボウ)は知らない人も多いと思いますが、ユーチューブとかでラッパ節などを聞きながらくじら屋を探すのもオツですし、唖蝉坊の息子の知道(トモミチ)の東京節は浅草の芸人の世界に浸るためには必聴の曲です。

 

水上バス

浅草浅草寺周辺の観光スポットは?どう楽しむ?浅草まで足を伸ばしたら、水上バスに乗るのもお薦めです。

浅草〜浜離宮〜日の出桟橋 片道(大人)780円
浅草〜お台場 片道(大人)1,560円

隅田川から東京の今と昔を感じられます。

船内で解説に耳を傾けつつ景色を見るのもよし、デッキで風に吹かれるのもよし…春であれば隅田川沿いの桜も愛でられます。

(ただし、観光シーズンにはかなり混雑してますのでお気をつけて。)

お天気の良い日は水面がキラキラして綺麗ですよ。特に夕暮れ時はおススメです。