横浜アリーナの最寄り駅は?
横浜アリーナは通称『横アリ』として親しまれ、多くのビッグアーティストのライブやイベントが行われる多目的イベントホールです。

最大収容人数は17,000人とドームやスタジアムと比べると多くはないものの、『音響家が選ぶ優良ホール100選』に選ばれるなど実力はアーティスト好みなイベントホールです。

この記事では『横浜アリーナ』の最寄り駅横浜駅からのアクセス方法について紹介します。

Sponsored Link


横浜アリーナの最寄り駅は?

横浜アリーナまで徒歩圏内という最寄り駅は

 
  1. 新横浜駅横浜市営地下鉄
  2. 新横浜駅JR横浜線
  3. 新横浜駅(東海道新幹線)
 

の3つが挙げられます。

新幹線、地下鉄、JR線、私鉄など様々な路線が通っているので、どこからアクセスするかによって臨機応変に使い分けられます。

順番に紹介していきます。

 

候補1:新横浜駅(横浜市営地下鉄)

まずひとつめの『新横浜駅(横浜市営地下鉄)』を紹介します。

新横浜駅横浜市営地下鉄)は横浜アリーナまで徒歩7分最寄り駅です。

 

横浜駅からのアクセスに最適

新横浜駅に乗り入れる横浜市営地下鉄は『ブルーライン』の愛称で親しまれています。

神奈川県内の湘南台駅からあざみ野駅を結ぶ路線で、横浜駅からのアクセスに便利です。

横浜駅から横浜市営地下鉄で横浜アリーナにアクセス
横浜横浜市営地下鉄新横浜(11分)

 

横浜駅からのアクセスが良好


候補2:新横浜駅(JR横浜線)

ふたつ目は新横浜駅(JR横浜線)です。

新横浜駅JR横浜線)は横浜アリーナまで徒歩8分です。

 

どこからのアクセスに向いてる?

JR横浜線八王子駅(東京都)と東神奈川駅(神奈川県)を結ぶ路線で、横浜駅のほか、町田駅(小田急電鉄・小田原線)、橋本駅(京王線)など大規模な駅があります。

横浜駅からアクセスする場合は、時刻表を確認したうえでJR横浜線を利用するか、横浜市営地下鉄を利用するか判断すると良いでしょう。

また、東急東横線からJR横浜線乗り継ぐことで東京都内から低価格でアクセスが可能です。

JR横浜線で横浜アリーナにアクセス
横浜JR横浜線新横浜(14分)

渋谷東急東横線菊名JR横浜線新横浜(25分)

八王子JR横浜駅新横浜駅(39分)

 

候補3:東海道新幹線・新横浜駅

三つ目は東海道新幹線・新横浜駅です。

言わずと知れた東海道新幹線は東京と新大阪を結ぶ日本の鉄道の大動脈です。

関西、名古屋方面など遠方からのアクセスに向いています。

また、各方面新幹線から東京駅で乗り継ぐことで全国からのアクセスが容易です。

新大阪東海道新幹線新横浜(2時間18分)

名古屋東海道新幹線新横浜(1時間23分)

金沢北陸新幹線東京東海道新幹線新横浜(3時間35分)

仙台東北新幹線東京東海道新幹線新横浜(2時間31分)

 

Sponsored Link

ライブ、イベント後の混雑状況は?

横浜アリーナで開催されるライブはビッグアーティストや大人気のアーティストがほとんどかと思います。

当然、ライブ・イベント後は大変な混雑が予想されます。

しかし、収容人数が17,000人と大規模なドームやスタジアムの半分以下です。

どんなに混雑したとしても、ライブ会場の座席から各路線のホームまでは40~50分程あれば到着できます。

ただ、近くの日産スタジアムでも試合やイベントが重なったら10万人近くの人出となる場合もありますので周辺イベントの開催にも気をつけましょう。


混雑を少しでも避けるための工夫

  • 帰りのチケットは予め買っておく
  • 可能ならばライブ終了直前(アンコールの終わり直前)に席を立つ
  • 東京方面であれば新幹線で帰る(+1000円弱)