六義園の最寄り駅、駅からのアクセスは?しだれ桜、さつき、あじさい、紅葉を見に行こう!
六義園は、東京都文京区本駒込にある都立庭園です。

元禄8年に柳沢吉保が徳川5代将軍、綱吉から賜った土地を大名庭園として7年の歳月をかけて築造し、下屋敷としました。

六義園」の名称の由来は「古今和歌集」にあります。

中国の古い漢詩集「毛詩」の「詩の六義」風・賦・比・興・雅・頌という分類法を、紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来します。庭園にも和歌に詠み込まれた名称の景観が、八十八境として反映されています。

明治に入って三菱創業者の岩崎家の所有になり、昭和13年に東京市に寄付されて一般公開されました。昭和28年には国の特別名勝に指定されました。

日本庭園で春は、初夏はさつき、梅雨時はあじさい、秋は紅葉が楽しめます。

六義園のシンボルである「しだれ桜」は、花見の時期にはライトアップされます。この時期は大変混雑します。

伝統のある日本庭園へ、四季を感じに行くのはいかがでしょうか?

みどりの日(5月4日)と都民の日(10月1日)は、無料公開されます。

Sponsored Link


六義園の最寄り駅は?

徒歩圏内にある最寄り駅は、

 
  • 駒込駅JR山手線東京メトロ・南北線
  • 千石駅都営地下鉄・三田線
があります。

いちばん便利なのは、駒込駅を使うルートです。

JR山手線東京メトロ・南北線の駒込駅から徒歩7分です。

南北線は東急目黒線、東急東横線と相互乗り入れしています。

 

駒込駅からのアクセス

駒込駅から六義園へのアクセス
東京山手線駒込(18分)
新宿山手線駒込(16分)
池袋山手線駒込(6分)
上野山手線駒込(9分)
日吉東急線南北線駒込(48分)

本郷通りをまっすぐ南へ歩けば、右手に庭園が見えてきます。

繁忙期には駅正面にある染井門が開かれます。

Sponsored Link

千石駅からのアクセス

都営地下鉄・三田線千石駅からは徒歩10分。

都営三田線も東急目黒線、東横線と相互乗り入れしています。沿線の方は、どちらを利用してもかまいません。

千石駅から六義園へのアクセス
三田三田線千石(20分)
目黒三田線千石(29分)
日吉東急線三田線千石(46分)

A4」出口を出て、不忍通りを上野方面にまっすぐ歩きます。

 

まとめ

  • 山手線駒込駅いちばん便利
  • 三田線沿線なら千石駅もいい。